世界へ飛躍したい野心ある日本の写真家へ
「JAPAN PHOTO AWARD 2018」今年も開催

受賞作品は作品集にまとめられ、EINSTEIN STUDIOが参加する国際的なアートブックフェアなどで配布。

31 October 2018

Share

JAPAN PHOTO AWARD 2018

「日本の写真家を世界へ」を目標としてEINSTEIN STUDIOによって設立された「JAPAN PHOTO AWARD」。今年も作品を12月2日(日)まで募集中だ。

「JAPAN PHOTO AWARD」は世界に向けて日本の新しい才能を発信することを目的に、2012年に前身である「EINSTEIN PHOTO COMPETITION」としてスタートして以来、応募者総数は累計5,000人に上り、インディペンデントな写真アワードとしては日本最大規模を誇る。

審査員には、IMAエディトリアルディレクター・太田睦子、DIS・デイビッド・トロ、写真ライター・シャーロット・コットン、UNSEENアーティスティックディレクター・エミリア・ヴァン・リンデ、Self Publishing be Happyディレクター・ブルーノ・ケシェルの以上5名が務める。

今回は受賞者の作品を1冊の作品集にまとめ、国内の美術館、書店、およびEINSTEIN STUDIOが参加する国際的なアートブックフェアで配布するほか、ロサンゼルス現代美術館で開催されるLA ART BOOK FAIR、KYOTOGARAPHIE KG+、ドバイで開催されるPHOTO WEEK展など国際的に作品を展示するチャンスに繋がる。アーティストとして世界へ飛躍するこのチャンス、ぜひ挑戦してみてはいかがだろうか。

タイトル

「JAPAN PHOTO AWARD 2018」

応募締切

2018年12月2日(日)

参加費

【一般】5,000円【学生】3,000円

URL

http://www.japanphotoaward.com/

Share