インスタグラム時代の
現代写真アートの可能性を探る、
後藤繁雄×港千尋×深川雅文トークショー

「現代写真アート」の世界の方向づけについて三者が語る。

05 April 2019

AREA

東京都

Share

『現代写真アート原論』をめぐって

誰もがスマートフォンで日常的に簡単に撮影でき、それを加工し、インスタグラムをはじめとするSNSで世界中に発信できる、写真がデジタル化し遍在化した時代において「コンテンポラリーアートとしての写真」の可能性はどこにあるのか。

そんな問いについて議論し、現代アートとしての写真の新しい「原論」を提示する『現代写真アート原論』の刊行を記念し、編集者である後藤繁雄、写真家の港千尋、キュレーターの深川雅文によるトークイベント「出版記念トーク『現代写真アート原論』をめぐって 」が4月7日(日)に開催される。

このトークはGinza Sony Parkで開催中の「TOKYO ART BOOK FAIR」の一環として行われる。有識者たちによる「現代写真アート」の世界の方向づけについて語られ、TOKYO ART BOOK FAIRに並ぶたくさんの写真集やアートブックを見る際のヒントにもなりそうだ。

タイトル

「『現代写真アート原論』をめぐって」

日時

2019年4月7日(日)

会場

Ginza Sony Park B3(東京都)

時間

18:00〜20:00(受付時間17:30〜)

URL

https://tokyoartbookfair.com/ge_events/13009/

Share