施井泰平×小山登美夫トーク「ブロックチェーンはアートマーケットを再構築するのか」

施井泰平×小山登美夫トークイベント「ブロックチェーンはアートマーケットを再構築するのか」が、5月13日(月)に天王洲・amana squareで開催。

10 May 2019

AREA

東京都

Share

ブロックチェーンはアートマーケットを再構築するのか

スタートバーン株式会社代表取締役・施井泰平と小山登美夫ギャラリー代表・小山登美夫によるトークイベント「ブロックチェーンはアートマーケットを再構築するのか」が開催される。

暗号通貨だけでなく、社会のさまざまなシーンで活用されはじめたブロックチェーン・テクノロジー。その動きはアートの領域にも見られ、国内外のベンチャーが参入し、この3月には「アート×ブロックチェーン」構想を打ち出すスタートバーン株式会社が3億円の資金を調達したことで、これからさらなる加速が予想されている。

一方、1996年にギャラリーを立ち上げ、奈良美智や村上隆など名だたる現代アーティストを輩出し、日本のアートマーケットを第一線で切り拓いてきた小山登美夫ギャラリー。テクノロジーの介入や表現の多様化など、これから複雑化するアートマーケットはどうなっていくのか。

ブロックチェーンを武器に新たなかたちでアートマーケットとの接続を試みるスタートバーン代表取締役の施井泰平と、20年以上にわたり類のないアーティストとともに現代のアートシーンを築いてきた小山登美夫が、それぞれの立場からアートマーケットの未来を展望する。

タイトル

「ブロックチェーンはアートマーケットを再構築するのか」

日時

2019年5月13日(月)

会場

amana square(東京都)

時間

19:00〜20:30

参加費

2,500円

定員

72名

URL

https://h-media.jp/event/20190513/