フランスのロギヴィー港が舞台の
オープンエアな写真祭「BZH PHOTO」

開催期間中は展覧会を中心に、ワークショップやディスカッション、コンサートなどの一般参加型プログラムも企画。

30 May 2019

AREA

フランス

Share

BZH PHOTO

港町のフランス・ロギヴィーで、ワークショップやディスカッション、コンサートなどのプログラムを盛り込んだ、往来の観光地としてのイメージだけではない、新しいロギヴィーの魅力を再発見できる「BZH PHOTO」が、7月25日(木)から開催される。

本写真祭の開催に先立って、Association BZH PHOTOがアーティスト・イン・レジデンスを作家に提供。日本から招待した写真家による制作および作品展示も企画されている。コートダルモール県での 初の試みであるアーティスト・イン・レジデンスを伴う展⽰は、海・陸・浜辺といったブルターニュの特徴を活かしながら、異⽂化や芸術的な交流の基盤となることを⽬指している。

第一回招待作家は、屋久島国際写真祭の設立者の一人でもある千々岩孝道。活動拠点である屋久島から遠く離れたブルターニュの地で、その土地や住人たちを新しい視点から再発見する。会期中は、展覧会を中心に、一般参加型ワークショップやディスカッションも企画され、盛りだくさんな内容となっている。

タイトル

「BZH PHOTO」

日程

2019年7月25日(木)〜9月末

会場

ロギヴィー港(フランス)

URL

http://bzhphoto.fr/en/