写真誌『FOUR-D』1周年記念トークに、
猿山洋平、岩根愛ら4名

写真誌『FOUR-D』1周年記念、猿山洋平×柿島貴志×調文明×岩根愛トーク「写真と言葉の新しい航海」が、8月30日(金)に銀座 蔦屋書店で開催。

23 August 2019

AREA

東京都

Share

FOUR-D

気鋭の写真雑誌『FOUR-D』の創刊1周年を記念して、『FOUR-D』主宰・猿山洋平、ギャラリーPOETIC SCAPEディレクター・柿島貴志、『FOUR-D』にも寄稿した写真批評家・調文明、2018年度の木村伊兵衛写真賞を受賞した写真家・岩根愛によるトークイベントが、銀座 蔦屋書店で開催される。

『FOUR-D』は「写真を媒介として、撮るひと、撮られるひと、見るひと、伝えるひとが、対話する場所」を目指し、2018年に創刊。2号からは写真の言葉に着目し、ダン・アビー、酒井瑛作、きりとりめでる、調文明などが寄稿し、「いま」と対峙するフォトライティングを実践する重要なプラットフォームとなっている。

本トークイベントでは、猿山より『FOUR-D』創刊の経緯のほか、写真批評の歴史、写真と言葉の関係、求められる写真メディアについて、雑誌、ギャラリー、批評家、写真家というそれぞれの立場から多面的にディスカッションする。

また、写真家・島尾伸三らを中心に発行する写真評論誌『映像(旧:映像試論100)』のバックナンバーを特別販売される。

タイトル

猿山洋平×柿島貴志×調文明×岩根愛
写真誌『FOUR-D』1周年記念「写真と言葉の新しい航海」

日程

2019年8月30日(金)

会場

銀座 蔦屋書店(東京都)

時間

19:30〜21:00

料金

イベント参加対象書籍を購入

定員

50名

URL

https://store.tsite.jp/ginza/event/art/8829-1359320808.html