井の頭自然文化園で生きた象の人生を見つめる「記録集『はな子のいる風景』と、記録集をめぐる、23の日記」

写真の撮影日に記された著名人の日記23冊を展示。

09 September 2019

AREA

東京都

Share

記録集『はな子のいる風景』と、記録集をめぐる、23の日記

「記録集『はな子のいる風景』と、記録集をめぐる、23の日記」が9月16日(月)まで開催中。

井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)で飼育されていた象の“はな子”。記録集『はな子のいる風景』は、人々から募ったはな子との記念写真や飼育係員が記した日誌、写真提供者へのアンケートなど、はな子に関するさまざまな記録の断片を部分的につなぎ合わせ、はな子とそれを取り巻く人びとの歩みを辿り直すために制作された。

本書に掲載された169枚の記念写真は、はな子が生きた69年間のうちの169秒であり、記念写真を撮った人々のさまざまな人生の1秒と交りあう。

今回のフェアでは、写真の撮影日に記された著名人の日記23冊を店内で展示し、一部の書籍が販売される。

タイトル

「記録集『はな子のいる風景』と、記録集をめぐる、23の日記」

日程

2019年8月14日(水)〜2019年9月16日(月)

会場

NADiff a/p/a/r/t(東京都)

時間

12:00~20:00

定休日

月曜

URL

http://www.nadiff.com/?p=15135

Share