レン・ハンへの大いなるオマージュ
『OUTSIDE ‐レン・ハンの詩に基づく』
「ふじのくに⇄せかい演劇祭2020」で上演

時代の寵児が舞台に解き放つ、美しきタブー。

05 February 2020

AREA

静岡県

Share

© Ira Polyarnaya

© Ira Polyarnaya

ゴールデンウィークに静岡で開催される「ふじのくに⇄せかい演劇祭2020」で、ロシア人演出家・映画監督キリル・セレブレンニコフによる、中国人写真家レン・ハンを題材に創作した舞台作品『OUTSIDE -レン・ハンの詩に基づく』が日本初上演される。

ロシア政府により軟禁状態に置かれ、2018年のカンヌ映画祭では奇しくも彼の“不在”が話題をさらったセレブレンニコフ。自らの代わりに“外”へと放った衝撃の最新作『OUTSIDE』は、19年のアヴィニョン演劇祭で更なる注目を集めた。セレブレンニコフは、レン・ハンの作品に強く惹かれ、遺された数々の詩と、短くも美しい彼の「生」を自らの境遇に重ねながら舞台作品に昇華させた。「性」を扱うことがタブーとされる中国で、ポエティックな美を纏う若者たちの姿を撮り続けたハンが日々綴った愛と死、性と孤独への言葉に、ロシア現代舞台の髄を感じさせる眩いほどの音楽とダンス、そして権力への抵抗が乱反射し、最高にピュアでナイーヴ、何より圧倒的な「美」がここに溢れ出す。

一般前売券は3月8日(日)より発売。詳細は2月中旬に公式サイトで公開される。

▼レン・ハン関連記事
「再見」任航(レン・ハン)と詩、身体的行為の奥にある詩的さ

タイトル

『OUTSIDE ‐レン・ハンの詩に基づく』

日程

2020年5月5日(火・祝)、6日(水・振休)

会場

静岡芸術劇場(静岡県)

URL

https://festival-shizuoka.jp/(2月中旬オープン)

© Ira Polyarnaya

© Ira Polyarnaya

© Ira Polyarnaya

© Ira Polyarnaya

© Ira Polyarnaya