新人写真家の登竜門「写真新世紀」2020年度、
3月公募開始

国内外から審査員を招き、グローバルな写真コンテストを推進。

05 February 2020

Share

審査の様子(昨年度の優秀賞選出審査会にて)

審査の様子(昨年度の優秀賞選出審査会にて)

新人写真家の登竜門、キヤノン主催「写真新世紀」の2020年度(第43回公募)の募集が、3月18日(水)から行われる。

今年で30年目を迎える「写真新世紀」は、写真表現の可能性に挑戦する新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした文化支援プロジェクト。これまでの応募者総数は31,357名(組)に上り、国内外で活躍する優秀な写真家を多数輩出するなど、新人写真家の登竜門として認知されている。

今年は、写真家のポール・グラハムや美術評論家・椹木野衣、写真家・瀧本幹也など国内外から7名の審査員を迎え、作品サイズ、形式、点数、年齢、国籍などの応募制限はなし、また今年もオンラインによるデジタル作品(静止画・動画)を募集する。グランプリ受賞者には、奨励金100万円と副賞のキヤノン製品のほか、特典として次年度における個展開催の権利などが授与される。

▼ポール・グラハムインタヴュー
「写真が静かに描写する社会の盲点」

タイトル

「写真新世紀」2020年度(第43回公募)

応募期間

2020年3月18日(水)~5月20日(水) 5月31日(日)
*郵送による応募は最終日17:00必着/オンラインによる応募は最終日23:59(日本時間)まで

応募費用

無料(郵送費用は応募者負担)

URL

https://global.canon/ja/newcosmos/

昨年度の優秀賞受賞者7名

グランプリ受賞作品『蟻のような』より