「第12回恵比寿映像祭」テーマは“時間を想像する”

「時間とは何か」という映像が併せ持つ本質に、展示、上映、ライブ、トークセッションなど多様な表現を通して迫る。

06 February 2020

AREA

東京都

Share

第12回恵比寿映像祭

「第12回恵比寿映像祭」が、東京都写真美術館や日仏会館を中心とする恵比寿各所にて2月7日(金)より15日間にわたり開催される。

今年度のテーマは「時間を想像する」。「時間とは何か」という映像が併せ持つ本質に、展示、上映、ライブ、トークセッションなど多様な表現を通して迫る。出展作家には、映画、ビデオ、写真などにより領域横断的に活躍するカナダを代表するアーティストのスタン・ダグラスや、2019年ヴェネツィアビエンナーレ韓国館代表のナム・ファヨン、世界各地の映画祭で高く評価される実験映像作家ベン・リヴァース(イギリス)、また東北を拠点とし、近年活動が注目されるアート・デュオ、小森はるか+瀬尾夏美など、17の国と地域から78組95名の作家およびゲストが参加。

会期中には上映、ライブ、トークセッション、シンポジウム、ガイドツアー、ワークショップなど多くのイベントが連日開催されるが、スペシャル・イベントとして、映像・舞台と幅広く国際的に活躍し、日本を代表するアーティストグループ「ダムタイプ」のメンバーでもある高谷史郎の活動を追ったドキュメンタリー映画『SHIRO TAKATANI, BETWEEN NATURE AND TECHNOLOGY』(監督:ジュリオ・ボアト)を日本初公開。高谷とキュレーター・長谷川祐子によるトークも開催される。また、高谷は恵比寿映像祭初となる新作委嘱作品「Toposcan/Tokyo」を日仏会館ギャラリーで発表する。

そのほか詳細は公式サイトへ。

タイトル

第12回恵比寿映像祭「時間を想像する」

会期

2020年2月7日(金)〜2月23日(日・祝)

会場

東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、地域連帯各所ほか(東京都)

時間

10:00〜20:00 (最終日は18:00まで)

休館日

2月10日(月)、2月17日(月)

料金

無料(定員制のプログラムは有料)

URL

https://www.yebizo.com/