若手写真家・HALがサンフランシスコの風景を写す「What I See What I Feel」展

恵比寿・ALにて2017年12月26日 (火)から3日間限定開催。

26 December 2017

AREA

東京都

TAGS

Share

What I See What I Feel

恵比寿・ALにてHALの個展「What I See What I Feel」が12月26日 (火)から3日間限定で開催中。

HALは1997年生まれの写真家。中学時代にスケートを始め、その仲間たちとクルー「convenience」を結成。スケートを楽しみながら写真を撮り始め、スケートマガジンと仕事を始めたHALは、スケートというひとつのアティチュードを生かしながらそのほかのカタログや雑誌でも仕事を始めている。

本展では昨年9月にサンフランシスコにわたり、約1年間そこで過ごしたHALが、アメリカの土地を「見て」「感じた」作品を披露。会場ではzine『What I See What I Feel』、ポスター、ステッカーの販売も行われる。

タイトル

「What I See What I Feel」

会期

2017年12月26日(火)〜12月28日(木)

会場

AL(東京都)

時間

12:00~19:00

URL

http://al-tokyo.blogspot.jp/2017/12/hal-what-i-feel-what-i-see.html

TAGS