“複写”から写真の本質に迫る、
東地雄一郎「A=A A≠A」展

1月23日(火)から清澄白河・TAP Galleryで開催。

19 January 2018

AREA

東京都

Share

A=A A≠A

東地雄一郎「A=A A≠A」展が1月23日(火)から清澄白河・TAP Galleryで開催される。

1枚の写真プリントを繰り返しコピーし、複製行為を極限まで繰り返して差異を増大させることで、コピーによって抽出された偽物がコピーの概念を超えた新しい価値を作り出すととらえている東地。「写真とは何か?」という問いに、作品内容そのものではなく、「複写」という写真の外形的な本質から迫っていく。

会期中は アート批評家・写真作家の山﨑美穂、写真家でTAP Gallery メンバー、大塚和也と東地によるトークセッションも開催される。

 
タイトル

A=A A≠A

会期

2018年1月23日(火)〜2月4日(日)

会場

TAP Gallery(東京都)

時間

12:00~19:00

URL

http://tapgallery.jp/?p=1504

Share