有元伸也、梁丞佑らが参加、未来ある日本作家をアジアへ発信する「NIHON MIRAI SEN」展

2018年1月30日(火)からソウルのSpace22で開催、話題の作家陣が出品。

19 January 2018

AREA

韓国

Share

NIHON MIRAI SEN

日本の未来を担う写真家を集め展示をし、東アジアの国境をこえた交流を軸に行う企画「NIHON MIRAI SEN」が、130日(火)よりソウル・Space22で開催される。

モデレーターに韓国の国立美術館等で展示を行う韓国出身の写真作家・Area Park、キュレーターは元ガーディアン・ガーデンのディレクター・菅沼比呂志を迎え、展示作家には第26回林忠彦賞受賞の有元伸也、第36回土門拳賞を受賞した梁丞佑、村上仁一、佐久間元、広瀬耕平というメンバーが顔を揃え作品を展示。会期中には展示作家5人によるトークイベントも開催される。

タイトル

「NIHON MIRAI SEN」

会期

2018年1月30日(火)〜2月13日(火)

会場

Space 22(ソウル)

URL

http://www.space22.co.kr