宇佐美雅浩「Manda-la」シリーズ最新作、
舞台はキプロス

宇佐美雅浩個展「Manda-la in Cyprus」が、2月21日(土)から市ヶ谷にあるMizuma Art Galleryで開催。

27 January 2018

AREA

東京都

Share

左「ゼブラ・ネヴザット 南側、マリア 2017」右「アナスタシス・バヴル  北側、ガストリア/カレジック 2017」

左「ゼブラ・ネヴザット 南側、マリア 2017」右「アナスタシス・バヴル 北側、ガストリア/カレジック 2017」©USAMI Masahiro, courtesy Mizuma Art Gallery

2015年に同ギャラリーで開催した初個展では、20年間未発表だった「Manda-la」シリーズを展示し、大きな反響を呼んだ宇佐美。仏教絵画の「曼荼羅」の如く中心人物を中央に配し、その人物の世界観を表現する作品群は、東日本大震災の被害にあった福島や気仙沼、被曝地の広島などを舞台に日本が抱える問題や歴史、社会の有様を浮かび上がらせた。

本展は昨年、キプロスで開催された「パフォス2017」の公式イベントとして個展の依頼を受けたことを機に、一年間をかけて制作に挑むことになったもの。トルコ語とギリシャ語を主言語とする現地人たちとの片言の対話、民族性の違い、そして政治的な問題を前にし、想像以上に難航を極め、何度も軌道修正しながら両地域の人々との「協働」によってようやく完成した。

誰もが平和を願いながらも世界中ではいまもボーダーを越えることができず対立し、戦争や貧困は続く。この矛盾をすくい取り世界の現状を刻んだ本作は、宇佐美の今後の進展を期待させるものとなっている。

なお会期中の2月24日(土)16:00より、インディペンデント・キュレーターの菊田樹子を迎え、宇佐美によるトークイベントを開催。キプロスでの制作について語る。

タイトル

「Manda-la in Cyprus」

会期

2018年2月21日(水)〜3月24日(土)

会場

MIZUMA ART GALLERY(東京都)

時間

11:00~19:00

休館日

日〜月曜、祝日

URL

http://mizuma-art.co.jp/exhibition/18_02_Usami.php