岡田敦「ユルリ島の野生馬」展、
鳥獣保護区で生きる馬の姿を追う

4月13日(金)からESPACE KUU 空で開催。

22 March 2018

AREA

東京都

Share

© OKADA Atsushi

© OKADA Atsushi

岡田敦「ユルリ島の野生馬」展が4月13日(金)からESPACE KUU 空で開催される。

岡田は2008年に日本全国の若者約50人を撮影した『I am』で第33回木村伊兵衛写真賞を受賞。その後も精力的に作品を発表し続け、2011年からは根室半島沖に浮かぶユルリ島に生息する野生馬の撮影を続け、2017年に第33回写真の町東川賞特別作家賞を受賞した。

希少鳥類に指定されている鳥の繁殖地であるユルリ島は、北海道の天然記念物や国の鳥獣保護区に指定されており、メディアをはじめ、人の立ち入りは禁止されている区域。そんな小さな楽園で生きる馬の姿を5年以上追い続けた作品群は、私たちが後世に何を伝えていくのかを問うてくる。

会期中はギャラリートークやスライドショーイベントの開催など、さまざまなプログラムが用意されている。

タイトル

「ユルリ島の野生馬」

会期

2018年4月13日(金)〜6月24日(日)

会場

ESPACE KUU 空(東京都)

時間

10:00〜19:00 

URL

http://taisho-kuu.tokyo/

© OKADA Atsushi

© OKADA Atsushi

© OKADA Atsushi

© OKADA Atsushi