研ぎ澄まされた美の世界、蓮井幹生「光の画」展

過去10年の撮影作も一挙公開。

28 April 2018

AREA

東京都

Share

光の画

蓮井幹生の写真展「光の画」が4月28日(土)から学芸大学・BOOK AND SONSで開催中。

アートディレクターとしてデザインの世界を経験したのち写真の道へと進み、第一線で活躍し続けている蓮井。カルチャー系エディトリアルシーンで発表されたポートレート作品により注目を集め、着々と表現の幅を拡大し、ストーリーを語りかける写真表現で厚い信頼を得てきた。

本展では「光の画」と題したアブストラクトのほか、いまから10年ほどの間に撮影されてきた作品が1F・2Fのスペースを使いランダムに展示される。

研ぎ澄まされた美しさを感じるとともに、見る者にそっと語りかけてくるような、静かで確かな力を持った蓮井の写真群をご覧になってみては。

タイトル

「光の画」

会期

2018年4月28日(土)〜5月20日(日)

会場

BOOK AND SONS(東京都)

時間

12:00〜19:00

休館日

水曜 (5月2日は開館)

URL

https://bookandsons.com/blog/shop-info/drawing-of-light.php

Share