三浦・房総に残された遺構をモチーフに、
篠田優「航跡図」展

6月28日(木)から新宿・Alt_Mediumで開催。

14 June 2018

AREA

東京都

Share

© Yu SHINODA

© Yu SHINODA

篠田優「航跡図」展が628日(木)から新宿・Alt_Mediumで開催される。

本展では2017年、銀座ニコンサロン、大阪ニコンサロンにて発表された「See/Sea」から継続して撮影されている、三浦・房総というふたつの半島に残された、海防のための遺構を主なモチーフする写真群の新作を発表。その軌跡を示す、現在進行形の写真群やテキストによって構成される。

江戸・幕末期の砲台跡や、太平洋戦争時の洞窟陣地を巡る篠田の歩みは、現在の土地における水平的な移動とともに、大海のような深みを持つ歴史を垂直的に重ね見る、旅のようでもある。

タイトル

「航跡図」

会期

2018年6月28日(木)〜7月10日(火)

会場

Alt_Medium(東京都)

時間

12:00〜20:00(最終日は17:00まで)

休廊日

7月4日(水)

URL

http://altmedium.jp/post/173150056649/

© Yu SHINODA

© Yu SHINODA

Share