富士山の山小屋での暮らしを見つめる、
山内悠「雲の上に住む人」展

山小屋「大陽館」の館主を招いてのトークイベントも開催。

01 August 2018

AREA

山梨県

Share

by YU YAMAUCHI

by YU YAMAUCHI

山内悠の写真展「雲の上に住む人」が山梨・evam eva yamanashiにて8月18日(土)から開催される。

富士山須走口登山道七合目にある山小屋「大陽館」。館主・関次廣は40年以上も登山者を見守り続けてきた。本展では、山内が2006年より富士山の山小屋「大陽館」を手伝いながら撮影した、雲の上の暮らしを写しだした作品が展示される。

それは自然と人、それぞれのあるがままを受け入れてともに時を重ねた日々の記録であり、日本人にとって特別な山での人の生々しさと厳しい自然の姿。富士の麓にある山梨で、雲の上の出来事を垣間見れそうだ。

会期初日にはオープニング・レセプションが、9月2日(日)には山小屋 大陽館館主・関次廣を招いてのトークイベントも行われる。

タイトル

「雲の上に住む人」

会期

2018年8月18日(土)~9月3日(月)

会場

evam eva yamanashi(山梨県)

時間

11:00~19:00

休館日

水曜

URL

https://s.imaonline.jp/2vnqh0P

Share