元田敬三が新作ポートレイトを発表「御意見無用」展

特異なオーラを放つ人々を広角レンズで活写。

05 September 2018

AREA

東京都

Share

元田敬三『御意見無用』

元田敬三『御意見無用』 2017, 1065x1525mm, ゼラチン・シルバー・プリント © Keizo Motoda, courtesy MEM

元田敬三の写真展「御意見無用」が恵比寿・MEMで9月15日(土) から開催される。

1996年に大阪新聞で「ON THE STREET」という路上で出会った人々を文章と写真で紹介するシリーズを連載していた元田。それが現在に続く作品スタイルの原点である。毎回の連載では一枚の写真と記事で被写体との出会いを紹介しており、一瞬の邂逅と人物像を鮮やかに伝えていた。元田が選ぶ人々は群衆の中であきらかに特異なオーラを放ち、独自の人生観を持っている人たちであった。

そんな元田が、ここ数年撮影している21mmの広角レンズを使って撮影された、一連のポートレイトを中心にして新作の展示を行う。会期初日にはオープニングレセプションが、29日(土)には写真家・トヨダヒトシを招いてのスライドショーが行われる。

タイトル

「御意見無用」

会期

2018年9月15日(土)~10月14日(日)

会場

MEM(東京都)

時間

12:00〜20:00

休館日

月曜(祝日または祝日の振替休日は開廊、翌日休廊)

URL

http://mem-inc.jp/2018/08/31/180915motoda/