五輪に向け大きく変わる神宮外苑にまつわる物語、
花代「何じょう物じゃ あんにゃもんにゃ」展

「なんじゃもんじゃの木」を手掛かりにしたインスタレーションを展示。

11 September 2018

AREA

東京都

Share

何じょう物じゃ あんにゃもんにゃ

花代の「何じょう物じゃ あんにゃもんにゃ」展が神宮前・STUDIO STAFF ONLYで9月7日(金)から開催中。

いま東京では、オリンピックに向けての再開発が急ピッチで進められている。特にSTUDIO STAFF ONLYがあるのは神宮外苑、目の前に建設中の国立競技場を臨み、日々の変化のダイナミズムを身を以て感じられる場所だ。2017年、花代がこの場所を訪れた際この環境に興味を持ち、場を反映した制作と展示をできないか、と考えたところから本展の作品制作が始まった。

タイトルの「何じょう物じゃ」とは「あんにゃもんにゃ」であり、正体不明の木を指す「なんじゃもんじゃの木」のこと。この木が江戸時代から現在に至るまで、代変わりをしながら神宮外苑に存在していることを知った花代は、この言葉を手がかりにひと夏の物語を紡いだ。

本展で語られるストーリーは「見える/見えない」と「わかる/わからない」をゆらゆらと揺蕩いながら、花代の新たな一面を見せてくれることだろう。

タイトル

「何じょう物じゃ あんにゃもんにゃ」

会期

2018年9月7日(金)~9日(日)、15日(土)~17日(月・祝)、22日(土)

会場

STUDIO STAFF ONLY(東京都)

時間

15:00〜19:00

URL

http://staffonly.tokyo/