アートを介し地元と繋がる、渡部睦子「NETTING AIR ー FROM THE LOW LAND:空を編むー低い土地から」展

「地元の人に何かを教えてもらう」ことをキーワードに生まれた作品群。

02 October 2018

AREA

東京都

Share

NETTING AIR ー FROM THE LOW LAND:空を編むー低い土地から

Installation view of The Third House Owner, 2018, Huis Marseille Museum for Photography, Amsterdam © Chikako Watanabe Installation view of The Third House Owner,

オランダ・アムステルダムを拠点に活動するアーティスト・渡部睦子の展覧会「NETTING AIR ― FROM THE LOW LAND:空を編む―低い土地から」が恵比寿・POSTで9月28日(金)から開催中。

アートを介し異なる国や文化、コミュニティを訪れ、「地元の人に何かを教えてもらう」ことをキーワードにさまざまな形態を用いて作品の制作を試みる渡部。アムステルダムにあるロイドホテル&カルチャーエンバシーで初めてのアーティスト・イン・ レジデンスの作家として制作した「ロイド・ライフ」(2010年)や、2018年には老舗写真美術館であるハウス・マルセイユ写真美術館(オランダ)で展示を開催するなど、精力的に発表の場を広げている。

渡部の同名初作品集の発売を記念した本展では、ハウス・マルセイユ写真美術館で展示された新作「The Third House Owner」のプレビュー・バージョンの映像作品や、代表作のひとつ 「Survival Net Project」を、POSTの空間ならではの鮮やかな構成で紹介する。

タイトル

「NETTING AIR ― FROM THE LOW LAND:空を編むー低い土地から」

会期

2018年9月28日(金)~10月21日(日)

会場

POST(東京都)

時間

12:00~20:00

休館日

月曜

URL

http://post-books.info/news/2018/9/13/exhibition-netting-air-from-the-low-land

Share