もがき苦しみながらも力強く生きる人々、
五十嵐航「光に手を伸ばす~駆け込み寺にて~」展

障害や問題を抱える者を受け入れ、飲食を無償配給する聖廟に滞在し撮影した作品約60点を展示。

03 October 2018

AREA

東京都

Share

光に手を伸ばす~駆け込み寺にて~

五十嵐航の写真展「光に手を伸ばす~駆け込み寺にて~」が新宿・オリンパスギャラリー東京で10月12日(金)から開催される。

民族、宗教、先天後天を問わず障害や問題を抱える者を受け入れ、飲食を無償配給する駆け込み寺のような磁場、聖廟を2010年より計5カ所全12カ月滞在し撮影してきた五十嵐。聖廟で見たのは家族ごとテントで住み付く者、元患者に世話になりながら静養する者、祈りを捧げながらそこで死を望む者などさまざまな状態の人々が入り乱れるさま。

同じ釜の飯を食べさせてくれた人々とその時間に敬意を表し、また写真を撮る事で自身も救われてきたのだと五十嵐はいう。

本展では2017年からの作品約60点を展示。人間がもがき苦しみながらも光に手を伸ばす力強いさまがそこには表現されている。

タイトル

「光に手を伸ばす~駆け込み寺にて~」

会期

2018年10月12日(金)~10月17日(水)

会場

オリンパスギャラリー東京

時間

11:00~19:00(最終日は15:00まで)

休館日

木曜

URL

https://fotopus.com/event_campaign/showroomgallery/detail/c/1380