亨楽の都パリを物語る19世紀のヌード写真
「旧き良き時代のパリジェンヌたち」展

約100年前のヌード写真約45点を日本で初展示。

18 January 2019

AREA

東京都

Share

Legendary nude photos © Parisienne in good old days-B / M84

Legendary nude photos © Parisienne in good old days-B / M84

銀座・Art Gallery M84の第83回目の企画展「伝説のヌード写真『旧き良き時代のパリジェンヌたち』」が2月4日(月)から開催される。

本展では、娼婦の家お抱えの女、月末の小遣い銭を稼ぐ為のポーズをとるお針子、アーテストの情婦などのモデルたちが顧客に披露した約100年前のヌード写真約45点とポストカードを日本で初めて展示する。

19世紀のヌード写真は、ポートレート同様アカデミックな絵画の規範から抜け出しきれないでいた。しかし、1900年代を軸に、人工照明や、新しいレンズ、素早く撮影出来るフイルムなどが登場し、写真家やモデルのポーズにより一層自由をもたらす結果となった。この1900年頃において、初めて女性ヌードのポストカードが出現するが、そのままハガキとして送られることは無く、そっと封筒に差し込み隠して郵送するのが常だった。

そうして世界中に飛び散った女たちのカードは、パリが世界の亨楽の都として登場する20世紀初頭のベル・エボック(旧き良き時代)および1920年頃のアンネ・フォル(無軌道時代)の歓喜を物語る。

タイトル

「伝説のヌード写真『旧き良き時代のパリジェンヌたち』」

会期

2019年2月4日(月)~3月2日(土)

会場

Art Gallery M84(東京都)

時間

10:30~18:30(最終日は17:00まで)

休館日

日曜

入場料

700円

URL

http://artgallery-m84.com/?p=5706

Share