夢の中で見た景色へと入りこむ、
菊地和歌子「潜る」展

子供の頃から菊地の心の中にあったという“空想の世界”を落とし込んだ作品を展示。

07 February 2019

AREA

東京都

Share

潜る

菊地和歌子の写真展「潜る」が学芸大学・BOOK AND SONSで2月17日(日)まで開催中。

2016年に出版した自身初の写真集『echo』は多くの支持を集め、翌2017年にかけて国内7つのギャラリーを巡回する写真展を開催した菊地。本展では、続編にあたるという子どもの頃から菊地の心の中にあったという“空想の世界”を落とし込んだ作品を展示する。

現実世界でありながら、どこか夢の中で見た景色のような、ぼんやりとした優しい空気を纏う情景。見る者は菊地の写真を通し、懐かしい記憶が呼び起こされるような感覚を覚えるだろう。

タイトル

「潜る」

会期

2019年2月2日(土)〜2月17日(日)

会場

BOOK AND SONS(東京都)

時間

12:00〜19:00

休館日

水曜

URL

https://bookandsons.com/blog/wakako-kikuchi-moguru.php

Share