鉄の缶が写し出す欧州の光、
フォトラテラス「缶に入ったヨーロッパ」展

スペインの写真家・ロラ・バルシア・アルバカルとマリネラ・フォルカデル・ブレバによるピンホール写真作品を展示。

07 February 2019

AREA

東京都

Share

缶に入ったヨーロッパ

フォトラテラスの写真展「缶に入ったヨーロッパ」が市ヶ谷・インスティトゥト・セルバンテス東京で2月10日(日)まで開催中。

スペインの写真家、ロラ・バルシア・アルバカルとマリネラ・フォルカデル・ブレバからなるユニット「フォトラテラス」。黒く塗った鉄の缶をカメラオブスキュラにして写真を撮影している。

本展で展示されているヨーロッパ各地の文化史跡、建築と光をとらえた作品からは、その土地土地の特有の匂いを感じられることだろう。

タイトル

フォトラテラス展覧会「缶に入ったヨーロッパ」

会期

2019年2月1日(金)〜2月10日(日)

会場

インスティトゥト・セルバンテス東京(東京都)

時間
URL

https://fotolateras.peatix.com/

Share