知床の“新しい”魅力を写真で探る、
西野壮平、石川直樹「TOP END3」展

8,000枚の写真をコラージュした大型作品など知床の自然と文化を撮影した作品を展示。

01 March 2019

AREA

北海道

Share

TOP END3

西野壮平と石川直樹の写真展「TOP END3」が北海道・斜里町公民館ゆめホール知床で3月2日(土)から開催。

知床の「雄大な自然」や「野生動物」、自然とともにたくましく生きる人々の暮らしや、独自の文化・歴史を撮影する西野と石川。本展は誰もがイメージする知床を写真に写すのではなく、新しい、そして多様な知床のイメージを探るプロジェクトのひとつとして開催される。

展示に向けて、西野は2月6日(水)より斜里町内に滞在し、流氷の移動をテーマに、ロシア極東・マガダン市と知床で撮影した8,000枚の写真をコラージュした大型作品を制作中。

会期初日にはギャラリートークなどのオープニングイベントも催される。

タイトル

「TOP END3」

会期

2019年3月2日(土)~3月17日(日)

会場

斜里町公民館ゆめホール知床(北海道)

時間

10:00~19:00

休館日

月曜

URL

https://s.imaonline.jp/2UlRHzm

Share