大地の芸術祭で「アート/ブックのとても大きな部屋:読む・作る・考える」展、鈴木理策トークイベントも

エディション・ノルト主宰「アート/ブックのとても大きな部屋:読む・作る・考える」が、3月24日(日)まで新潟・まつだい「農舞台」で開催中。

07 March 2019

AREA

新潟県

Share

アート/ブックのとても大きな部屋:読む・作る・考える

3月24日(日)まで開催されている「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」冬プログラム。その一環として、グラフィック・デザイナーの秋山伸が主宰するパブリッシング・レーベル、エディション・ノルトによる展覧会「アート/ブックのとても大きな部屋:読む・作る・考える」が、まつだい「農舞台」で開催中。

本展は、ビジターやイベント参加者にアート・ブックの面白さや楽しさを知ってもらうことを目的とし、エディション・ノルトの10年の活動を自社の成果物だけでなく、アーティスト、エディター、パブリッシャー、ショップ等、さまざまな人々とのコラボレーションとして提示するというもの。

日本各地の個性的なレーベルが参加しているだけでなく、3月9日(土)には鈴木理策のトークイベント、最終日24日(日)には秋山伸によるトークなど、イベントも多数行われる。

タイトル

「アート/ブックのとても大きな部屋:読む・作る・考える」

会期

2019年1月19日(土)〜3月24日(日)

会場

まつだい「農舞台」(新潟県)

時間

10:00〜17:00

休館日

水曜

入場料

【一般】500円【小中】300円
*2019冬共通チケット提示で1月19日(土)~3月24日(日)入場可

URL

http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_20190119_0324_02

Photo: Osamu Nakamura

Photo: Osamu Nakamura

Photo: Osamu Nakamura

Photo: Osamu Nakamura

Photo: Osamu Nakamura