終わらない“昭和”を描く、薄井一議「Showa96」展

昭和がまだ別の時空で続いていたら、それはどんな世界だろう?

07 March 2019

AREA

東京都

Share

Showa96

六本木・Zen Foto Galleryで、3月8日(金)から薄井一議「Showa96」展が開催される。

2011年の「Showa88/昭和88年」、2015年の「Showa92」に続く約4年ぶりとなる本展では、Showa3部作の完結編となる新作カラー作品が披露される。“昭和”という言葉を“生き抜く力”の象徴と考える薄井が、昭和がまだ別の時空で続いていたらどんな世界か、そんなファンタジーを追い求め、平成の終わりに「Showa」シリーズの第三弾が完成した。

さらに開催初日から同名の写真集も発売。あわせてチェックしてみては。

タイトル

「Showa96」

会期

2019年3月8日(金)~3月30日(土)

会場

Zen Foto Gallery(東京都)

時間

12:00~19:00

休館日

日月曜、祝日

URL

http://www.zen-foto.jp/web/edm/KU_Showa96_MAR_2019.pdf

Share