ロック界の伝説が写真で蘇る
「クラシックロックフォトグラフィー展示会」

写真コレクター・ブルース・ポーマーのコレクションを中心に、有名なアルバムカバー写真なども展示。

02 July 2019

AREA

東京都

Share

クラシックロックフォトグラフィー展示会

ロック史のアイコンと言える伝説的ロックミュージシャンの写真を展示販売する「クラシックロックフォトグラフィー展示会」が、京橋・Tokyo Institute of Photographyで7月3日(水) から開催。

本展では、ロックファンで写真コレクターのブルース・ポーマーのコレクションを中心に、アルバムカバー写真なども展示される。

ロックファンならば誰もが目にしたことがあるアルバムカバー写真で著名な写真家ヘンリー・ディルツ、エド・ペルスタイン、マイケル・プットランド撮影によるビートルズ、ローリングストーンズ、ボブ・ディラン、ジミ・ヘンドリックス、レッド・ツエッペリン、デヴィッド・ボウイ、クラッシュなどが登場。

伝説的アーティストの本質に迫るエネルギッシュな写真の数々を楽しめそうだ。

タイトル

「クラシックロックフォトグラフィー展示会」

会期

2019年7月3日(水)~7月14日(日)

会場

Tokyo Institute of Photography(東京都)

時間

12:00~19:00(最終日は17:00まで)

休館日

月火曜

URL

https://tip.or.jp/category/next

Share