奈良原一高、アメリカ横断旅行の4年間
「星の記憶」展

11月1日(金)より六本木、タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで開催。

16 October 2019

AREA

東京都

Share

奈良原一高「星の記憶」、1972 年 Cプリント © Ikko Narahara / Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film

奈良原一高「星の記憶」、1972 年 Cプリント © Ikko Narahara / Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film

奈良原一高 「星の記憶」展が11月1日(金)より六本木、タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで開催される。

1956年に「人間の土地」で鮮烈なデビューを果たした奈良原は、1960年代にヨーロッパ、70年代にはアメリカと場所を移しながら、さまざまな場で繰り広げられる文明のあらゆる側面「文明の光景」を独自の巨視的な視点でとらえ、詩情豊かな「パーソナル・ドキュメント」の表現手法で日本写真史における新時代を切り開いた。

本展では、1970年から4年間のアメリカ滞在において奈良原が敢行したアメリカ横断旅行の中で撮影された作品を中心に纏められたシリーズ「星の記憶」より、約9点を展示する。

タイトル

「星の記憶」

会期

2019年11月1日(金)~12月21日(土)

会場

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京都)

時間

11:00~19:00

休館日

日月曜、祝日

URL

https://www.takaishiigallery.com/jp/archives/20828/