アナログへの回帰、写真の本質と向き合う
「Light Boxes Group Exhibition」展

西野壮平、半沢克夫ら8名の作家が参加。

06 November 2019

AREA

東京都

Share

Light Boxes Group Exhibition

8名のフォトグラファーによるライトボックス展が11月1日(金)から渋谷・zakuraで開催中。

近年、SNSの普及とともに写真に対する興味は高まってきている。本展ではデジタル社会でデジタルカメラが主流の中、アナログ(フィルム)の回帰、本質と向き合うための展示方法として、以前はネガを見るための道具であったライトボックスを仕様した写真の見せ方を提案する。

写真の概念やジャンルを越え、写真表現の可能性を広げるために、国内外、さまざまなジャンルで活躍する話題のフォトグラファー達の作品を展示。参加アーティストは青木柊野、朝岡英輔、荒木塁、東海林広太、TAIGA、西野壮平、半沢克夫、VIEN TRAN。

タイトル

Light Boxes Group Exhibition

会期

2019年11月1日(金)~11月10日(日)

会場

zakura(東京都)

時間

13:00~19:00

URL

https://www.zakura.tokyo/post/11-1-fri-%E3%80%9C11-10-sun-light-boxes-group-exhibition