“見ること”に対して根源的な問いを投げかけた作品群、普後均写真展「WATCHERS」

同名写真集刊行記念として開催。

19 February 2020

AREA

東京都

Share

© Hitoshi Fugo

© Hitoshi Fugo

同名写真集刊行記念、普後均「WATCHERS」展が、コミュニケーションギャラリーふげん社で3月5日(木)より開催される。

普後は1947年生まれの写真家。「FLYING FRYING PAN」や「ON THE CIRCLE」(2010年度伊奈信男賞受賞作)など、モノやヒトに属する意味を抽象化し、宇宙的で魔術的な広がりをもつ作品で知られている。

本作「WATCHERS」(見る人)は、華厳の滝とナイアガラの滝を見る人を対にした「WATERFALL」と、東京とニューヨークを見る人を対にした「CITY」という二つのシリーズで構成されている。「写真は伝えにくいメディアだ」という普後の思いに端を発するこの作品は「見る」行為や写真というメディアに対し、根源的な問いを投げかけている。

会期中3月7日(土)14:00からは普後均×キュレーター・小高美穂によるトークイベントとオープニングレセプション、14日(土)14:00〜15:30には普後によるポートフォリオレビューが行われる。

タイトル

「WATCHERS」

会期

2020年3月5日(木)〜3月29日(日)

会場

コミュニケーション ギャラリーふげん社(東京都)

時間

12:00~19:00(土日は12:00〜18:00)

休館日

月曜、祝日

URL

https://fugensha.jp/

© Hitoshi Fugo

© Hitoshi Fugo