関健作写真展「2:16.22」
記録とアスリートの関係性を紐解く

同名写真集『2:16.22』も刊行予定。

19 June 2020

AREA

東京都

Share

©︎ Kensaku Seki / 2:16.22

©︎ Kensaku Seki / 2:16.22

関健作写真展「2:16.22」が曳舟・Reminders Photography Stronghold Galleryにて7月11日(土)から開催される。

関は、体育系の学部を卒業後、体育教師に3年ほど従事した経験を持ち、これまでライフワークのひとつとしてアスリートとさまざまなアプローチで向き合ってきた。本作品のタイトルの「2:16.22」とは2時間16分22秒を意味し、1964年東京オリンピックのマラソン競技で銅メダルを獲得した円谷幸吉の記録。栄光の数年後、彼は自ら命を絶つことになる。アスリートの抱える孤独や葛藤、彼らに宿る未分化のものを視覚化する試みが、記録とアスリートの関係性を紐解いていく。

また本作は、2019年KYOTOGRAPHIE ポートフォリオレビューFUJIFILM AWARDの大賞を受賞し、TOKYOGRAPHIE 2019で展示を開催。本展はプロジェクトをさらに発展させた作品を展示する。なお本展に合わせ、同名写真集『2:16.22』も刊行予定。

タイトル

「2:16.22」

会期

2020年7月11日(土)~7月26日(日)

会場

Reminders Photography Stronghold(東京都)

時間

13:00~19:00

URL

https://reminders-project.org/rps/kensakuseki_jp/

©︎ Kensaku Seki / 2:16.22

©︎ Kensaku Seki / 2:16.22

©︎ Kensaku Seki / 2:16.22