”須田調”で一世を風靡したカラー作品の集大成、
須田一政『日常の断片』

1983年~84年に「日本カメラ」に掲載された初の本格的カラー作品『日常の断片』を中心に約150点掲載。

29 August 2018

Share

日常の断片

モノクロの「須田調」で一世を風靡した須田一政の1980~2000年代カラー作品の集大成となる作品集『日常の断片』が今年4月に青幻舎から刊行された。

本書は1983年~84年に「日本カメラ」に掲載された初の本格的カラー作品『日常の断片』を中心に、事件現場の残滓を撮影した『SPOT』を始め、1990~2000年代のポラロイド作品を加えた約150点が掲載。須田がカラーで切り取った不確かな「日常」を垣間見ることができる。

【写真集プレゼント】
本書『日常の断片』を1名様にプレゼント。締切は2018年9月18日(火)まで。 受付終了

タイトル

『日常の断片』

出版社

青幻舎

価格

5,000円+tax

発行年

2018年

仕様

ハードカバー/A4/128ページ

URL

http://www.seigensha.com/newbook/2018/03/08133827

Share