奥山由之、川島小鳥らによる『写真を読む夜 13人の写真家たちの撮影哲学』杉本博司の特別語り下ろしも

『写真を読む夜 13人の写真家たちの撮影哲学』が誠文堂新光社より刊行。

12 December 2018

Share

写真を読む夜 13人の写真家たちの撮影哲学

代官山 北村写真機店で毎月行われている人気トークイベント「写真を読む夜」が書籍化された。

「アート」の一領域としていまや揺るぎない位置を占める「写真」。しかもその表現方法は刻々と変化し多様化を遂げ、未だ進化を続けている。本書では、現代の写真界をけん引する蜷川実花、佐内正史、奥山由之、川島小鳥、石田真澄、高橋恭司ら13人が、作品を生み出す際に考えていること、表現の方法や判断基準など、自身の撮影哲学を対談形式で余さず語る。選び抜かれた言葉からは写真家個々人の視点が浮き彫りになるとともに、日本における現代写真の大きな潮流がくっきりとした輪郭をもって立ち上がってくる。

写真作品約100点と細やかな解説により、写真読解の入門書としても最適な一冊となりそうだ。

タイトル

『写真を読む夜 13人の写真家たちの撮影哲学』

出版社

誠文堂新光社

価格

2,300円+tax

出版年

2018年

仕様

B5/224ページ

URL

http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=5977

Share