フィルター越しに見つめる恐怖や妄想、
更井真理『Delusion』

2016年〜2018年に撮り下ろした作品を収録した更井真理の第三弾目の写真集がTHOUSAND Inc.より刊行。

23 May 2019

Share

Delusion

更井真理の写真集第三弾『DELUSION』がTHOUSAND Inc.から刊行される。

2016年~2018年に撮り下ろし、作者がずっと抱えている妄想癖、恐怖心にフォーカスした本書。自分が何者なのか、世間の期待と、表現したい自分との葛藤、生きることへの恐怖心、これらのことから解放される日は来ないかもしれない。今回はニューヨークで出会った人々が、妄想をかきたてた。これは恐怖や妄想をフィルター越しに見つめ、自分の内面を撮り続けた作品集でもある。またアートディレクターは巨匠、ファビアン・バロン、編集はTHOUSAND inc.の千葉琢也が務めた。

なお刊行に併せ、5月24日(金)19:30~に代官山 蔦屋書店でサイン会、5月25日(土)、26日(日)には大阪・KITAKAGAYA FLEA & ASIA BOOK MARKETで二日間にわたりサイン会が開催される。

タイトル

『Delusion』

出版社

THOUSAND Inc.

価格

6,000円+tax

出版年

2019年

仕様

ソフトカバー/64ページ

Share