均質化したイタリアの田園地帯をとらえた
グイド・グイディ作品集『IN VENETO, 1984-89』

ディアドルフ 8×10で撮影された未発表作品。

11 May 2020

Share

IN VENETO, 1984-89

イタリア出身の写真家、グイド・グイディの作品集『IN VENETO, 1984-89』。本書に収録された写真は、1984年から1989年の間にディアドルフ 8×10で撮影された未発表作品である。

ヴェネツィアの都市メストレの店先のブラインドの隙間から覗く大きな瞳のイメージから本書は始まる。何かを警告するように見開かれた目は、写真とはそもそもどういう存在だったのかを伝えている。本作のテーマであるヴェネト州中心部のとある地域は、あるときから急速に変化したことで知られ、うつろいやすく不安定なランドスケープが姿を現し、ヒエラルキーのない自由な空気が流れるようになった。無秩序な都市の拡大という変化のプロセスは、イタリアの広々とした田園地帯に深い爪痕を残した。グイデイはトレヴィーゾ、ヴィチェンツァ、パドヴァそしてヴェネツィアとさまざまな場所を訪れたが、どのイメージもまるで同じドローイングの一部でもあるかのように一様に表れている。

タイトル

『IN VENETO, 1984-89』

出版社

MACK

出版年

2019年

価格

6,400円+tax

仕様

ハードカバー/240mm×300mm/64ページ

URL

https://ja.twelve-books.com/products/in-veneto-1984-89-by-guido-guidi