アナログ、デジタル技術を用いてサハラ砂漠地帯を歴史的、地理的に検証したフィリップ・ドュドイト作品集『THE DYNAMICS OF DUST』

09 June 2020

Share

THE DYNAMICS OF DUST

スイス人写真家、フィリップ・ドュドイトの作品集『THE DYNAMICS OF DUST』は、歴史的、地理的、政治的な観点から、また地図作成の記録の徹底的な考証、研究、分析に基づいて制作された。本書に収められたプロジェクトは、2008年以降のサヘル・サハラ砂漠地帯の社会政治的革命というテーマを写真でとらえた長期的な研究で、遠い昔からサヘル・サハラ砂漠地帯で遊牧生活を営んできた先住民が、自由あるいは安全に移動できなくなってしまった土地との間に築いた新しい関係性が記録されている。

アナログの大判カメラのテクニックとデジタルテクノロジーを融合し、さらに革新的なドキュメンタリー写真の感性と環境をテーマとするポートレイトのタブロー的な画面構成を組み合わせることによって、この混成文化を写真で表現した。

タイトル

『THE DYNAMICS OF DUST』

出版社

Edition Patrick Frey

出版年

2019年

価格

6,800円+tax

仕様

ソフトカバー/244mm×305mm/210ページ

URL

https://ja.twelve-books.com/products/the-dynamics-of-dust-by-philippe-dudouit