41年ぶりに再版されたマーシャ・レズニックの作品集『Re-visions』

09 June 2020

Share

Re-visions

アメリカ人写真家、マーシャ・レズニックの作品集『Re-visions』が41年ぶりに再版された。1978年にトロントの出版社「ザ・コーチハウス・プレス」から初版が刊行された本書は、思春期から大人の女性への成長を演出した写真で自伝風にとらえた、感動的でアイロニックな1冊。

1975年、 マンハッタンで自分の車を運転していたレズニックは交通事故に巻き込まれ、人生が走馬灯のように流れるのを見たという。病院で目を覚ました後、今ここにこうしていることに至ったすべての出来事について考え始め、 新しい作品集の準備として、それまでの人生について思いを巡らせ、思いついたことを絵や文章に表していった。本書では言葉と写真が等しい重要性を持っており、その2つの要素が互いを強め合い、協調したり不協和音を鳴らしたりしながら物語を形成している。

本書を評してアンディー・ウォーホールは「ヤバい」、アレン・ギンズバーグは「女にしては……するどい」と言葉を残している。また、長年の友人だった歌手のリディア・ランチは、41年の時を経て再版を迎えた本書を讃えて「ミステリアスに囁きかける、快く甘い、歪んだ世界観。ほころび始めたばかりの未熟さが持つ甘美な倒錯」と述べた。

タイトル

『Re-visions』

出版社

Edition Patrick Frey

出版年

2019年

価格

6,400円+tax

仕様

ハードカバー/280mm×218mm/108ページ

URL

https://ja.twelve-books.com/products/re-visions-by-marcia-resnick