モダニズムとメキシコの伝統を融合させた建築家、アグスティン・エルナンデス作品集『PRAXIS』

01 October 2020

Share

PRAXIS

メキシコ人建築家、アグスティン・エルナンデスの作品集『PRAXIS』は、インテリア雑誌「apartamento」が敬愛する建築家と彼らの建てた邸宅やその裏にあるストーリーに焦点を当てるシリーズの第4弾。

1924年生まれのエルナンデスは、モダニスト的な考え方とメキシコの歴史への誇りの回帰が融合した時期に円熟期を迎えた建築家。コロンブスによるアメリカ発見以前の文明の象徴、神話、都市計画の原理を組み合わせ、威風堂々たる建造物を作るという建築運動の先頭を切った。現代におけるマヤ族の儀式の場として設計した陸軍士官学校から、姉の依頼で建てた蛇の象徴性をデザインに取り入れた瞑想センター、1975年に自身のために建てたスタジオ兼自宅「Praxis」まで、現代の視点から見ても前衛的な作品を多数残している。また、幾何学的なデザインのツリーハウスは今もなおメキシコシティのボスケス・デ・ラス・ロマス地区に聳え立っている。

本書に収められた写真は、アメリカ人フォトグラファー、ライアン・ローリーが撮り下ろし、メキシコのアート & 建築スタジオ「Tezontle Studio」とメキシコ人アーティスト、ルイス・オロスコ・マデロ、メキシコのギャラリー「TRAVESÍA CUATRO」のセールスディレクターでありキュレーターのカルロッタ・ペレス=ジョフレ、エンリケ・ヒネール・デ・ロス・リオスが寄稿している。

タイトル

『PRAXIS』

 
出版社

apartamento

出版年

2020年

価格

5,000円+tax

仕様

ハードカバー/170mm×240mm/88ページ

URL

https://www.twelve-books.com/products/praxis-by-agustin-hernandez