Photobooks of the Month

書店員がピックアップする春を感じるおすすめ写真集【UTRECHT編】

AREA

東京都

Share

ピーター・イェンセン『Jeanette』

ピーター・イェンセン『Jeanette』

アートに力を入れる大型書店や個性的なアートブックやZINEを扱うインディペンデントブックショップなど、写真集を扱う4店舗の書店員が毎月おすすめの写真集を3冊ずつピックアップするこのコーナー。3月は季節が変わり、新生活がスタートする春にぴったりのおすすめ写真集を3冊ずつピックアップ。

セレクト・文=黒木晃(UTRECHT)

毎回一人の「ミューズ」をモチーフにコレクションを立ち上げるデンマーク出身のファッション・デザイナー、ピーター・イェンセン。ロンドンファッションウィークs/s 2004の後、ピーターの祖母ヘルガの誕生日である10月28日に、彼は8人の友人を招待し、アシスタントのジャネットをスタイリング・撮影することを思いつく。本書は、その日の朝10時から、夕方まで続いた撮影の記録。それぞれのスタイリストたちの自由な発想と、試行錯誤の様子を眺めるだけで、どこかワクワクとした気分にさせてくれる。小口の薄いピンクが春らしい一冊。本書は、撮影から14年後、2017年10月28日に発行された。1000部限定。

タイトル

ピーター・イェンセン『Jeanette』

出版社

Dent-De-Leone

価格

2.200円+tax

発行年

2017年

仕様

ソフトカバー/115mm×165mm/100ページ

備考

http://utrecht.jp/?product=jeanette


アメリカの写真家、ロバート・アダムスによる写真集。本書は、彼の自宅にある裏庭と、そこで飼われていた愛犬・サリーを撮影したもの。暖かな陽射しの中、ぼんやりと庭を眺めている白い毛に覆われた愛くるしい佇まい。洗濯物の隙間から覗く可憐な花々や、朝露に濡れる植物、集まる小さな虫。愛犬の目線を想像するかのように撮影された写真から、塀に囲まれた裏庭での親密な時間が伝わってくる。アメリカの郊外、都市風景を追い続けてきた写真家の、パーソナルな一面を伺い知ることの一冊。

タイトル

ロバート・アダムス『I HEAR THE LEAVES AND LOVE THE LIGHT』

出版社

Nazraeli Press

価格

5,800円+tax

発行年

1999年

仕様

ハードカバー/240mm×220mm/48ページ

URL

http://utrecht.jp/?product=i-hear-the-leaves-and-love-the-light


パリ在住のアーティスト、エリック・タブチが収集した、膨大な数の建造物が256ページ、約1,500枚所狭しと並ぶ写真集。建造物はそれぞれ形状や状況(建設中、完成、廃墟など)などの単純な基準によってネット上などで収集され、分類分けされている。ベッヒャー夫妻のタイポロジー作品を観ると、被写体の類似性よりも前に、膨大な量を撮影した労力にまず感嘆してしまう。その点、本書のほうがよりドライに(?)類型学的視点に没頭することができるかもしれない。Atlas of Forms は、アートプロジェクトとして、ウェブサイトでも閲覧することができ、最大4つまでのワードを選択して絞り込める機能もある。

タイトル

エリック・タブチ『Atlas of Forms』

出版社

Poursuite

価格

12,000円+tax

発行年

2017年

仕様

ソフトカバー/330mm×235mm/256ページ

URL

http://utrecht.jp/?product=atlas-of-forms

UTRECHT / NOW IDeA
アート・デザイン・ファッションなどの書籍を取り扱う神宮前のブックショップ。
ギャラリーが併設された店内には、普段お目にかかることの出来ない国内外のインディペンデントパブリッシャーやアーティストのZINE、書籍などが多数並ぶ。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C
tel: 03-6427-4041
12:00~20:00
月曜休み(祝日の場合は翌日)
http://utrecht.jp/