Photobooks of the Month

書店員がピックアップする5月のおすすめ写真集【Shelf編】

ヨーガン・テラー『Handbags』

ヨーガン・テラー『Handbags』

東京には、個性的なセレクトが光るブックショップが数多く点在する。その中で、アートに力を入れる大型書店や個性的なアートブックやZINEを扱うインディペンデントブックショップなど、写真集を扱う4店舗の書店員が、毎月おすすめの写真集を3冊ずつピックアップ。

セレクト・文=森屋恵美(Shelfオーナー)

マーク・ジェイコブス、ヴィヴィアン・ウェストウッド、ルイ・ヴァイトンなどのキャンペーンフォト、数えきれないほどのメジャー&インディペンデント・ファッション雑誌のエディトリアルフォトを手がけてきたヨーガン・テラーが、バッグ(ハンドバッグ)へのオブセッション溢れる写真を集めた分厚い写真集です。ケイト・モス、ソフィア・コッポラ、ビクトリア・ベッカム…列挙しきれないほど多くのセレブらが、列挙する気にもなれないほど多くの有名ブランドのバッグとともに登場します。ステータスとアイデンティティの象徴であると同時にニアマネーな側面さえ備えるブランドバッグを核にすえ、さらりとシニカルなイメージ作りを連発するヨーガン・テラーの力量を見せつける1冊です。この春ナポリで開催されていた展覧会に合わせて出版されました。

タイトル

ヨーガン・テラー『Handbags』

出版社

steidl

価格

15,680円+tax

発行年

2019年

仕様

ハードカバー・クロス装/300mm×240mm

URL

http://shelf.shop-pro.jp/?pid=143528374


街中や道路沿いに見られる看板や標識、プレート、壁、ウィンドウなどに描かれた文字は写真家・アーティストにとって魅力的なモチーフのひとつであるようで、ウォーカー・エヴァンスやエド・ルシャなど多くの作家が作品にとりあげています。こういった人間が作り出した社会的な風景の最たるものといえるシーンをリー・フリードランダーが見過ごす訳はなく、彼もまた50年以上にわたってアメリカ中のさまざまな場所で、街中の文字を撮り続けています。リー・フリードランダーは90年代前半に『Letters from the People』という本書と同様のテーマの美しい大判写真集を出していますが(現在絶版)、本書にはその後、制作された作品も数多く収録されています。この夏アメリカのフランケル・ギャラリーにて展覧会が開催されるのに合わせて出版されました。

タイトル

リー・フリードランダー『Signs』

出版社

fraenkelgallery

価格

12,680円+tax

発行年

2019年

仕様

ハードカバー/310mm×360mm/120ページ

URL

http://shelf.shop-pro.jp/?pid=142977853


今月の最後は芸術家が愛猫とともに写っているポートレート集です。猫を愛した芸術家は多くテーマとして珍しいものではないのですが、「何だ企画もの…」といってやり過ごしてしまうには勿体ない、よくできた素敵なアンソロジー写真集です。愛猫と頬をつけスティーグリッツの写真では見たことのない朗らかな笑みを浮かべるジョージア・オキーフ、膝の上の2匹の子猫とともに疑い深かげな視線を送るエドワード・ウェストン、お互いそっぽを向きつつ共存するパティ・スミスと黒猫、アイ・ウェイウェイと茶トラが作り出す完璧なバランスと色彩…。愛猫家として有名なバルチュス、クリムト、ダリ、コクトーからジョン・ケージやブライアン・イーノまで48人を取り上げた写真は、著名写真家によるものから、撮影者不明のもの、ストックフォトとさまざまですが、写りの良し悪しとは別にアーティストの素の姿が垣間見れるようで何度見ても飽きない本です。

タイトル

『Artists and Their Cats』

出版社

Chronicle Books

価格

2,380円+tax

発行年

2015年

仕様

ハードカバー/210mm×160mm/112ページ

URL

http://shelf.shop-pro.jp/?pid=136964003

Shelf
外苑前にあるブックショップ。写真集を中心とした洋書を専門に取り扱っており、店内には希少な本から絶版書までさまざまなジャンルの写真集が所狭しと並べられている。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-7-4
tel / fax: 03-3405-7889
http://www.shelf.ne.jp/