Photobooks of the Year 2020

2020年のベストセラー写真集3冊【flotsam books編】

23 December 2020

Share

2020年のベストセラー写真集3冊【flotsam books編】 | 2020年のベストセラー写真集3冊【flotsam books編】

2020年に売れた写真集は何だろう?昨年に引き続き今年も、それぞれ売れた写真集ベスト3といまオススメの1冊を4つの書店に聞いてみた。あれもあった、これもあった−−と1年を振り返りながら、来年も新しい写真集にたくさん出会えることに想像をはためかせてみよう。第3弾は今年1月、待ちに待った実店舗をついにオープンしたflotsam books。アーティストの知名度にとらわれず、世界中から集められた写真集、ZINE、雑誌のセレクトにオーナーのセンスが光る書店では、どのような写真集が手に取られたのか注目してみよう。

セレクト・文=小林孝行(flotsam books)

山谷佑介『DOORS』

日本の写真家・山谷佑介の写真集『Doors』。セルフポートレイト撮影とドラム演奏とを融合させ、2018年から時と場所を変えながら行われた一連のパフォーマンスシリーズをまとめた1冊。パフォーマンス中に写し出された写真はもちろんのこと、何千キロにも及ぶ道中で撮られたスナップショット、イベントフライヤー、レシート、絵葉書、パフォーマンス後に送られてきた写真、インタビューなど、ドラムパフォーマンスから始まったひとつひとつの写真や出来事が織りなす一見バラバラに見えるパーツが、この写真集の中で大きな輪郭を紡いでいる。

タイトル

山谷佑介『DOORS』

出版社

私家版

価格

10,000円+tax

発行年

2020年

仕様

ソフトカバー/297mm×210mm/400ページ

URL

https://www.flotsambooks.com/SHOP/YAMATANIDOORS.html


菅野恒平『LOSERS』

日本の写真家・菅野恒平の自費出版フォトジン『LOSERS』。ニューヨークに移住してすぐに始めた日系の新聞配達のアルバイト中に撮り始めた、車に引かれた鳩とネズミ、木に引っかかっているゴミの写真を集めたシリーズ。街中に晒され見向きもされない無残な死体や、為す術もなくただただ吹きさらされるゴミは負けの象徴のようにも見えるが、逆説的にそういった負のイメージが反転、もしくは斥力として、そうじゃない未来への活力になっていくようなそんな写真集。

タイトル

菅野恒平『LOSERS』

出版社

私家版

価格

2,727円+tax

発行年

2020年

仕様

ソフトカバー/260mm×200mm/50部限定

URL

https://www.flotsambooks.com/SHOP/LOSERS.html


リン・チーペン(林志鵬)a.k.a. No.223『FLOWERS AND FRUITS』

中国の写真家、リン・チーペン(林志鵬)a.k.a. No.223の写真集『Flowers and Fruits』。リン・チーペンは、セクシュアリティの間で揺れ動きながら、喜び、切なさ、また遊び心あるイメージで、 愛と人生を楽しむ若い世代を写し続けている。花と果物という西洋絵画の中でずっと描かれ続けたイメージを取り入れながらリン・チーペンは美しく、どこかユーモラスに若さという刹那的な時間を切り取っている。鈴木聖によるブックデザインも素晴らしい。

タイトル

リン・チーペン(林志鵬)a.k.a. No.223『FLOWERS AND FRUITS』

出版社

T&M Projecst

価格

4,400円+tax

発行年

2019年

仕様

ソフトカバー/210mm×148mm/176ページ

URL

https://www.flotsambooks.com/SHOP/PH04435.html


▼いまオススメしたい1冊

ロビー・ローレンス『A VOICE ABOVE THE LINN』

2016年、ロビー・ローレンスはスコットランド西海岸の人里離れた海岸線を旅して、リン・ガーデンズを訪れた。この庭園は、植物学者であり庭師でもあるジム・タガートによって50年間運営されていた。年を取ったジムの庭園は息子のジェイミーが管理を引き継ぐはずだったが、ジェイミーは新しい植物の研究や採集のために訪れた海外で亡くなってしまった。ロビーが初めて訪れたとき、ジムは80歳を超えていたが亡くなった息子のためにもこの庭を続ける決心をしていたという。昨年の夏、ジムは84歳で亡くなった。その後、庭園がどうなったか知らないが、今年この美しい写真集が出版された。

タイトル

ロビー・ローレンス『A VOICE ABOVE THE LINN』

出版社

STANLEY/BARKER

価格

4,900円+tax

発行年

2020年

仕様

ソフトカバー/230mm×170mm/134ページ

URL

https://www.flotsambooks.com/SHOP/PH05083.html

flotsam books

2010年にオンラインストアとしてスタートし、2020年1月に実店舗を東京・代田橋にオープン。店頭では定期的に気鋭作家の展示が行われ、作家とファンの交流の場にもなっている。新刊から古書までさまざまな品揃えの店内に訪れる度に、いつも新たな出会いが待っている。

〒168-0063
東京都杉並区和泉1-10-7
https://www.flotsambooks.com/