Hanna Moon & Joyce NG:
English as A Second Language

英語を第二言語とする、アジアのファッション写真家が切り開く新境地

AREA

イギリス

Share

Hanna Moon & Joyce NG: English as A Second Language

(左)Hanna Moon, River for ‘Boom Boom’, Re-edition issue 2, 2015 © Hanna Moon(右)Joyce Ng, Face Value for Numéro China, 2018 © Joyce Ng

近年の若手ファッション写真家たちが、革新的な身体の描写によって、画一化された美意識に挑戦する傾向にいち早く目を留め、その新潮流に「Posturing」と名付けたファッションキュレーターのショナー・マーシャル。目利きの彼女が、「Posturing」に続いて企画する展覧会「English as a Second Language」は、1月24日(木)からロンドンのSomerset Houseにて開催される。

参加作家は、現在、ロンドンを拠点に活動するアジア出身のファッション写真家、ハンナ・ムーンとジョイス・ウング。タイトル「English as A Second Language(第二言語としての英語)」が示すように、アジア人としての背景を持つ二人が、西洋の文化や美意識、ファッションの理想像を、“第二言語”としてユニークに解釈した写真が展示される。二人が“ロスト・イン・トランスレーション”状態で、移民としてイギリスに暮らす心情、日常生活の些細なものごとの中から見出す美しさを探求。欧米のファッションシステムに、アジア人の観点を持ち込んだパイオニアをフィーチャーすることで、「Otherness(異質なものであること)」についても言及する。

作家が自身のルーツに由来する小道具やロケーション、モデルを起用することで、多様性を生む「別種」としてラベリングされることの意味、マイノリティとされてきた彼らが私たちの美意識やスタイル、テーストの変化に与える影響に迫る。ファッション写真が、服や靴などのアイテムを紹介するだけの役割を超え、文化・社会的文脈を表すものとして発信するステートメントとは何なのか?注目のキュレーターと写真家によるコラボレーションは見逃せない。

タイトル

「Hanna Moon & Joyce NG: English as A Second Language」

会期

2019年1月24日(木)〜4月28日(日)

会場

Somerset House(イギリス)

URL

https://www.somersethouse.org.uk/whats-on/hanna-moon-joyce-ng-english-as-a-second-language

Hanna Moon, Heejin in Seamen’s Hall, 2018 © Hanna Moon/Somerset House

Joyce Ng, In Her Five Elements, 2018 © Joyce Ng/Somerset House

Hanna Moon, Gao for ‘Cherry Baby’, Dazed Fall 2017 © Hanna Moon

Joyce Ng, You Are My Lucky Baby Pear for Modern Weekly, 2017 © Joyce Ng