Yelena Yemchuk

注目作家の作品を毎日配信!第111弾はイェレナ・ヤムチュック

「УYY」
タイトルのУYYは「Україна Yelena Yemchuk(ウクライナ・イェレナ・ヤムチュック)」の略語で、スラヴ語の「ウクライナ」という言葉にキーウ出身である作者の名前が続いている。「У」と「Y」が似ていることから、一見「why-why-why」とも読めるだろう。このプロジェクトは、写真、絵、そして個人的アーカイブをまとめることで、作家の多岐にわたる研究の本質を引きだしている。物語の時間軸は、断片的な光景、通り過ぎていく現象、そして影遊びに分けられている。「Україна Yelena Yemchuk」はまるで白昼夢を逆再生したような作品だ。最後から最初までの各チャプターが、いままで起こらなかったことや思いがけない偶然の迷路で迷わないように、その場しのぎのコンパスを与えてくれる。これらのイメージは、常識から逃れて記憶のめまいに身を委ね、作家と内なる親密な対話をするための招待状なのだ。

「ODESA」
ウクライナ出身のイェレナ・ヤムチュックは、2014〜2019年にわたってオデッサの街とそこに住む人々を撮影した。彼女がとらえる若者たちの姿には、かつて母国で青春を生きられなかったヤムチュック自身の姿も投影されている。また2014年からロシアの侵攻が始まった状況下で、オデッサ軍事アカデミーで訓練を受け始めていた10代の若者たちのポートレイトなども撮影している。その後、現在のロシアの攻撃によってウクライナに暮らす少年少女たちも被害を受け、予期せずこれらの写真には新たな意味が付与された。彼らのまなざしは抗い難い状況を越えて、一人の人間としての存在が見る者の胸に迫るとともに、私たちの未来についても問いかけているようだ。

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/УYY

イェレナ・ヤムチュック/ODESA

イェレナ・ヤムチュック/ODESA

イェレナ・ヤムチュック/ODESA

イェレナ・ヤムチュック/ODESA

イェレナ・ヤムチュック/ODESA

イェレナ・ヤムチュック/ODESA

イェレナ・ヤムチュック/ODESA

イェレナ・ヤムチュック/ODESA

作品集名: УYY   ODESA  

作品一覧