IMAPEDIA

東京物語 1989年 gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “LIFE”, 1972-1973, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

Nobuyoshi Araki, “Kekkai”, 2014 © Nobuyoshi Araki / Courtesy of eyesencia / art space AM

Nobuyoshi Araki, “EGG”, 2015 © Nobuyoshi Araki / Courtesy of eyesencia / art space AM

PROFILE

1940 –
東京生まれ。一貫して生/性(エロス)と死(タナトス)、そして無常観を主題に作品を発表し続ける、日本を代表する写真家。1963年に広告代理店電通の商業写真家としてキャリアをスタートさせるものの、在職中から個展を開催する傍ら私家版写真集も刊行。1971年に発表した自身の新婚旅行を記録した写真集『センチメンタルな旅』は、荒木の写真家としての決意表明であり、既存の写真表現に反旗を翻した宣戦布告でもあった。以降、写真家が被写体と緊密な関係を結ぶ「私写真(文学の「私小説」に倣って呼ばれるようになった写真表現スタイル)」を標榜して、私生活、東京の日常やセクシャルな情景、一連の組み写真からなる「物語写真」、あるいは江戸時代の春画を彷彿とするセンセーショナルな人物描写や、花々や食事、空景など、ありとあらゆる被写体に在る美しさを写してきた。

公式サイト

http://www.arakinobuyoshi.com/

関連商品を購入

IMA ONLINE STORE

RELATED TOPICS

VIEW MORE TOPICS

※過去に雑誌IMA、IMA ONLINEに掲載された内容をもとにしています。
情報が変更になっていることがありますので、詳細は公式HPなどでご確認ください。