「The Folk」展開催記念
西村裕介×千原徹也トークイベント&鹿子踊

西村裕介「The Folk」展関連イベントとして、アートディレクター・千原徹也を招いたトークイベントと、東京鹿踊+行山流舞川鹿子躍(ししおどり)による鹿子躍を行います。

2016.3.19(Sat)

IMA CONCEPT STORE

Share

行山流舞川鹿子躍/舞川鹿子躍保存会

行山流舞川鹿子躍/舞川鹿子躍保存会

西村裕介「The Folk」展の開催を記念して、アートディレクター・千原徹也を招きトークイベントを開催いたします。併せてトークイベント終了後に東京鹿踊+行山流舞川鹿子躍(ししおどり)による鹿子躍を行います。

いま世界中で民族文化が注目されており、エスニックをテーマとしたモノを多く目にします。古くから日本に伝わる民俗芸能は日本固有の文化を装束の色彩美や踊りから見て取ることができ、世界的にも非常に珍しい存在ですが、日本ではあまり存在を知られていないのが現状です。

本イベントでは、アートディレクターとしてファッション界やエンターテイメント界など多方面で国内外で活躍されており、アーティストとして作品を積極的に発表している千原徹也を交え、「The Folk」の制作の裏側や、日本の郷土芸能についてお話しいただきます。

今回特別にお招きする、岩手県の郷土芸能のひとつである迫力ある鹿子踊と併せてぜひご参加ください。

会期

2016年3月19日(土)

会場

IMA CONCEPT STORE

時間

18:00~19:00

料金

無料

定員

80名

  • 西村裕介

    西村裕介|Yusuke Nishimura

    東京都出身。2002年、カルフォルニア州立大学ロングビーチ校にて映画学科を専攻。3年にわたり撮影現場で映画作りに携わる。2004年、同州アートセンターカレッジ・オブ・デザインに編入し写真学科を専攻。入学を同じくして広告カメラマンのアシスタントを経験。同校で学士号を取得後、ニューヨークに拠点を移し、カメラマンとして雑誌や広告で活躍。2015年、写真集『The Folk』をリトルモアより刊行。

  • 千原徹也

    千原徹也|Tetsuya Chihara

    広告、ファッションブランディング、CDジャケット、装丁、雑誌エディトリアル、WEB、映像など、デザインするジャンルはさまざま。主なアートディレクションに、ワコール「BRAGENIC」、ドラマ「夢を与える」、Bijouna「恋するシノハラ」、LIM「LISARCH」、映画「神様メール」、adidasoriginals flagship tokyo、GU「いい感じ231」キャンペーン、六本木ヒルズ「ファッションコネクト」など。