MACK PRESENTATION & BOOK SIGNINGS

イギリスの出版社・MACK設立5周年記念イベント「MACK CONCEPT TOKYO」のメイン会場であるIMA CONCEPT STOREにて、日本人作家3名による3タイトル同時リリースを記念し、プレゼンテーション&サイン会を開催いたします。

2016.4.9(Sat)

IMA CONCEPT STORE

Share

MACK PRESENTATION & BOOK SIGNINGS

このたび、イギリスの出版社・MACK設立5周年記念イベント「MACK CONCEPT TOKYO」 にて、ホンマタカシ、深瀬昌久、細倉真弓の新刊がリリースされます。 イベントのメイン会場であるIMA CONCEPT STOREでは、日本人作家3名による3タイトルの同時リリースを記念し、MACKディレクターのマイケル・マック、ホンマタカシ、細倉真弓、深瀬昌久アーカイブスのトモ・コスガによるプレゼンテーションを開催いたします。それぞれの写真集制作にまつわるエピソードや収録作品についての話などを、作り手から直接聞くことのできる貴重な機会となります。またプレゼンテーションの後には、ホンマタカシ、細倉真弓によるサイン会も開催いたします。お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

【タイムスケジュール】
・16:00~:マイケル・マック「A Serpentine Progression」
・16:30~:トモ・コスガ「深瀬は私景に何を見たのか」
・17:00~:細倉真弓「仮想のセクシュアリティ」
・17:30~:ホンマタカシ「The Narcissistic City」
・18:00~19:00:ブックサイニング
*ブックサイニングのみの参加も可能 

 ■深瀬昌久『HIBI』 
(スイスバインディング・ハードカバー/240ページ/160mm×260mm/カラー/8,300円+tax)
『ヒビ』は深瀬昌久の最終作のひとつ。1990年から1992年にかけて日々の道すがら地面の亀裂を撮影したものをプリントに焼き、自ら一枚一枚を着色した。そして1992年2月、ニコンサロンにて開催された個展『私景’92』にて、このほかの作品シリーズ『私景』『ブクブク』『ベロベロ』と共に公開。その4ヵ月後、新宿ゴールデン街の階段から転落、脳に障害を受けたことから作家人生を閉じた。

■ホンマタカシ『THE NARCISSISTIC CITY』 
(ダストカバー付きペーパーバック/112ページ/240mm×315mm/カラー&モノクロ/9,000円+tax)
都市にある建築物がとらえた、日本とアメリカの都市の風景。「都市によって都市を撮影する」と本シリーズを形容するホンマが用いたのが、写真の原点とも言える“カメラオブスキュラ”である。その原始的な撮影手法により切り取られたのは、ありのままの風景とは異なる都市に潜む影の群像。独特に重なり合う光と影が映り込んだ都市の姿は、まるでナルキッソスが水に映る自分の姿の美しさに見とれたというギリシャ神話の一節のように、通常のカメラの鮮明さが欠落したからこそ現れる自己陶酔的なイメージをはらんでいる。

■細倉真弓『TRANSPARENCY IS THE NEW MYSTERY』 
(ハードカバー/40ページ/230mm×330mm/モノクロ/5,800円+tax)
本書はヌードと結晶の写真作品、計22点で構成。柔らかく透き通るようなモノクロの写真に映し出される、壊れそうに繊細な手のシルエット、うねる裸体、そして透明な鉱物の目を射抜くような美しさ。驚きに満ちた作家の美学がそれらを分かちがたく結びつける。水晶のような樹が輝く洞窟の中の像のようにたれさがり、頭上の葉が宝石の枠をなして、溶けあい、プリズムの格子となり、そのあいまから陽光が何百もの虹を作って照りつけ、鳥も鰐も、ひすいや石英を彫って作った紋章の動物のようにグロテスクな姿勢に凍りついている、この森の驚異。―JG Ballard「結晶世界」

会期

2016年4月9日(土)

会場

IMA CONCEPT STORE

時間

16:00~18:00

料金

1,000円

定員

80名

  • マイケル・マック

    マイケル・マック|Michael Mack

    1994年、ドイツの出版社「Steidl」にてアート・フォトブック部門のマネージングディレクターに就任。2011年に自身の出版社「MACK」を設立。以後タリン・サイモン、トーマス・デマンド、ロー・アスリッジ、らの作品集を出版。2011年にはアート出版界への貢献が認められ、イギリス・プリマス大学より名誉博士号を授与される。

  • ホンマタカシ

    ホンマタカシ|Takashi Homma

    写真家。著書に『たのしい写真 よい子のための写真教室』(平凡社)など。 2016年4月イギリスの出版社「MACK」より、カメラオブスキュラシリーズの作品集『THE NARCISSISTIC CITY』を刊行予定。

  • 細倉真弓

    細倉真弓|Mayumi Hosokura

    1979年生まれ。2011年、オランダ・Foam magazineの「Talent Award」を受賞。FOTOGRAFIA(ローマ、2011年)、Foam美術館(アムステルダム、2011年)など国内外で展示多数。自然のもつ手触りと肉体の造形を組み合わせた美しいカラー作品『KAZAN』(2012年、アートビート・パブリッシャーズ、東京)などで知られる。

  • トモ・コスガ

    トモ・コスガ|Tomo Kosuga

    深瀬昌久アーカイブス ディレクター。世界35カ国で展開されるグローバルメディア「VICE」日本支部の編集長を経て独立。現在はアートプロデューサーやフォトライターを務めながら、故・深瀬昌久の遺作を世に広めるため活動。