SAKURA / MOONLIGHT

IMA galleryでは、水谷吉法「SAKURA / MOONLIGHT」展を開催いたします。

Share

SAKURA

水谷吉法による「SAKURA」「MOONLIGHT」両作品は、2016年パリでの展示のために制作されたコミッションワークで、「SAKURA」は4メートルもの和紙にプリントされ、「MOONLIGHT」は屏風に仕立てられています。これまでも東京の自然を撮影してきた水谷の表現が、新しいメディアと出会い、新たな作品として生まれ変わりました。

「SAKURA」(2015)
桜は美しい。桜ほど長く見つめた対象物は後にも先にもないように思う。桜の木の下で、一片の花びらからある一片の花びらへ、また一片の花びらから全体へと私の目は移りゆく。‘SAKURA’は、桜を見るという行為に付随する視線の流れを写真に焼きつける試みである。それと同時に、写真は限られた一瞬のみでなく、時間の流れをも写しとることができることをあらわにする。

「MOONLIGHT」(2014)
見慣れた景色が、いつもとは何か違う景色に見えたことはないだろうか。ある日の月夜の公園を散歩していると、松林から見える月空がいつもとは違い、美しくとても神秘的に思えた。時間や季節がそうさせたのか、または感情がそうさせたのかはわからない。静かで神々しい、あの光景を忘れることができない。ぼやけていく記憶を忘れぬよう、月夜の景色を撮影し続けた。

―水谷吉法

タイトル

「SAKURA / MOONLIGHT」

会期

2017年12月11日(月)~2018年2月9日(金)

会場

IMA gallery(東京都)

時間

11:00~19:00

休廊日

日曜・祝日、年末年始(2017年12月28日~2018年1月8日)

水谷吉法|Yoshinori Mizutani
1987年、福井県生まれ。日本大学経済学部卒業後に、東京綜合写真専門学校で学ぶ。2014年にLensCulture Emerging Talents 2014 Top 50 およびFoam Talentに選出。2014年から16年にかけて、アントワープ(ibasho gallery)、北京(aura gallery)、チューリッヒ(Christophe Guye Galerie)、ロンドン(Webber Gallery)など、世界各地で個展を開催。2014年、パナソニック株式会社 / LUMIX特別協賛のもと、IMAプロジェクトが開催している「LUMIX MEETS JAPANESE PHOTOGRAPHERS #2」に出展。これまでIMA Photobooksより『TOKYO PARROTS』『COLORS』『YUSURIKA』『HANON』を刊行。

Share