「IMA next」第10弾のテーマは“MUSIC”、
審査員は若林恵

グランプリは賞金10万円!応募受付は5月11日(月)まで。

11 March 2020

Share

cp-0925, from a series Fictum, 2015 © Takashi Suzuki

cp-0925, from a series Fictum, 2015 © Takashi Suzuki

IMA nextは、誰もが応募できるオンラインの写真コンテスト。毎月ひとつのテーマを掲げ、月ごとに変わるゲスト審査員が優れた作品を選出。優秀作品には賞が贈呈されるほか、IMA ONLINEや雑誌『IMA』での掲載、または展示の機会などのさまざまなチャンスが得られる。

5月11日(月)まで受付中の第10弾のテーマは“MUSIC”。目には見えない音楽。その音楽を写真で可視化することは可能なのだろうか?写真の命題のひとつでもある、見えないものをどう可視化するか。日常に欠かせない音楽も「見えないもの」であり、そのリズム、メロディ、言葉、グルーヴなど、音楽の豊かな構成要素は、多種多様なヴィジュアルを想起させ、私たちの感性を刺激し続けてきた。音楽の抽象性と写真は相互に関わり合いながら、これまでにもCDやレコードのジャケットなどでも表現されている。では現代において何を写し撮れば「音楽を撮った」ことになるのだろうか?もしかしたら表現するためには、カメラさえも必要ないかもしれない。

今回の審査員は、株式会社黒鳥社コンテンツディレクター・若林恵。音と映像、聴覚と視覚。密接に関わり合う表現の可能性の扉を開けてみてほしい。

タイトル

「IMA next」THEME #10 “MUSIC”

応募期間

2020年3月11日(水)~5月11日(月)

応募料金

2,000円/1エントリー

URL

https://ima-next.jp/entry/music/

© Sayuri Ichida

© Kohey Kanno