イタドリを追った10年、
渡邊耕一「Moving Plants」展

世界各国に生えるイタドリの姿をとらえた写真展が銀座・資生堂ギャラリーで開催。

11 January 2018

AREA

東京都

Share

©️ Watanabe Koichi「Moving Plants♯904」

©️ Watanabe Koichi「Moving Plants♯904」

植物をテーマに写真作品を作り続ける渡邊耕一の個展「Moving Plants」が113日(土)から銀座・資生堂ギャラリーにて開催される。

北海道の風景を撮影する中で偶然出会って以来、10年以上の歳月をかけ「イタドリ」をリサーチし、自身の眼で確かめる旅を続けている渡邊。

イタドリとは約200年前に、日本からヨーロッパに持ち出されたことをきっかけに、世界各地に広まり、今日ではその土地の生態系を変えてしまうほどの生命力を持つ雑草である。

本展では、渡邊の「Moving Plants」シリーズから18点の写真作品のほか、世界各地の「イタドリ」が生息する藪に分け入って撮影したドキュメントフィルムなど2点の映像作品を中心に展示し、「イタドリ」を追うプロジェクトの全体像を初めて示していく。

タイトル

「Moving Plants」

会期

2018年1月13日(土)〜3月25日(日)

会場

資生堂ギャラリー(東京都)

時間

12:00~19:00(日曜・祝日は11:00〜18:00)

休館日

月曜

URL

http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/future/

Share